会社案内

商  号 アジヤアルミ株式会社
創  業 1921年(大正10年)4月11日
資 本 金 7,000万円(全額払込済)
年間売上額
役  員 代表取締役社 長
取締役副社長
専務取締役
常務取締役
取 締 役
取 締 役
執行役員
執行役員
上 田   修
堀 金 常 光
高 橋   正
山 下 慎 司
平 林   薫
栗 林   毅
木 暮 伸 二
荒 井 幹 夫
従業員数     112名
取引銀行 商工中金 (神田支店) 武蔵野銀行 (武蔵浦和支店)
みずほ銀行 (神田駅前支店) 三菱東京UFJ銀行 (神田駅前支店)
三井住友銀行 (神田駅前支店) 足利銀行 (佐野支店)
関連会社 アジヤ運送株式会社 (運送業務)
共栄化工株式会社 (粘着加工)

 

1916年 創始者塩原又策は、アルコア社と合弁でアルミニウム精錬会社を計画。
富山県黒部川の水力発電開発のため水利権を取得する。
1919年 ダム建設のため工事用鉄道(黒部~宇奈月間)を敷設する。
第一次大戦後、世界的にアルミニウムが生産過剰となり精錬会社設立を中止する。
1921年 アルコア社と合弁で亜細亜アルミナム(株)を設立する。
アルコア社のアルミニウム地金及び製品を輸入し国内独占販売を始める。
1941年 第二次世界大戦のため輸入を中止する。
1945年 アルミニウム圧延品販売会社として再出発する。
1961年 アルミチューブ・インパクトケース製造工場を設立する。
1963年 アルミニウム箔紙加工工場を経営する(浦和工場の開設)。
1968年 名古屋営業所を開設する。
1976年 社名の亜細亜アルミナム(株)をアジヤアルミ(株)に改称する。
1983年 関西営業所を開設する。
1985年 物流の拠点として埼玉流通センターを開設する。
浦和工場に新鋭コーティングマシンを導入する。
1988年 シャーリングマシンを導入する。
1989年 浦和工場に新たに工場棟を増設し、新鋭ラミネートマシンを導入する。
1990年 浦和工場に新鋭ウェットラミネーターマシンを導入する。
1995年 浦和工場に新鋭コーターラミネーターマシンを導入する。
1996年 浦和工場に欠点検査機搭載検品機を導入する。
1997年 浦和工場に新鋭スリッターマシンを導入する。
2002年 浦和工場に新たに工場棟を増設する。
2003年 浦和工場にクリーン仕様コーターラミネーターマシンを導入する。
浦和工場に欠点検査機搭載検品機を導入する。
2005年 ISO9001 取得。
2007年 栃木県佐野市に工場を開設(佐野工場)。
佐野工場に新鋭クリーン対応コーターラミネートマシン導入。
2008年 浦和工場 閉鎖。
佐野工場 試作棟完成。
池田工業株式会社を吸収合併
2010年 ISO14001 取得。
2016年 アジヤ包材株式会社を吸収合併

 

【環境基本理念】
当社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題の一つであることを認識し、
企業活動のあらゆる面で環境保全に配慮して行動する。
【スローガン】
“限りある資源を有効に使い、循環型社会の構築を図ります。”
【環境方針】

 私たちは、お客様にアルミニウムを中心とする非鉄金属製品、各種フィルム、アルミ箔及び紙を素材とするコート加工製品及びラミネート加工製品をお届けする当社事業活動を通して、限りある資源を有効に活用し、環境に悪影響を及ぼさないよう最大限の配慮をします。本方針実現のため、私たちは次のことを宣言します。

  1. ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを確立・実行し、内部環境監査により検証し、見直しを図って”継続的改善”を推進します。
  2. 環境目的・目標を定め、省エネルギー、省資源、環境負荷物質の管理及び廃棄物の削減を推進し、汚染の予防に努めます。
  3. 法令及び当社が同意したその他の規制要求事項を遵守します。
  4. 社員及び当社に関連する人々に対して環境教育を実施し、巾広く環境問題に対処できる能力をもつ人材の育成に努めます。
  5. 社内及び周辺地域の清掃・緑化を通して、地域社会との共生を図ります。
  6. この環境方針は、社員及び関連する要員に周知し、一般の人々に開示します。
Page.php